滝川クリステル若い頃!犬保護活動に現在は力を入れて年収はいくら?

スポンサーリンク

滝川クリステルさんの若い頃はどうだった?

犬保護活動をしているのは本当?

年収はいくらなのでしょうか。

今回は滝川クリステルさんに関する話題です。

若い頃のエピソードや、犬保護活動の真相、年収はどれくらいもらっているの?といった気になる情報を、調べてお届けします!

スポンサーリンク


滝川クリステルの現在は?

今回は滝川クリステルさんに関する話題です。

滝川クリステルさんといえば、「おもてなし」スピーチで一時期注目されていましたよね~。

その衰えない美貌に、男女ともに人気が高いんです!

フリーアナウンサーとして活躍していましたが、現在はどうしているんでしょうか?

 

ここでは、滝川クリステルさんの現在についてお話ししたいと思います。

 

滝川クリステルさんは、以前は「Mr.サンデー」に出演していましたが、現在は降板しています。

それ以来あまりテレビで姿を見かけなくなったような気がしますが…

実は滝川クリステルさんは、現在「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」という動物保護団体を立ち上げているんだそうです。

テレビで見なくなっただけで、そんな大がかりなことをやっているんですね!

団体を立ち上げるって、意志が強く、すごくかっこいいと思います。

 

財団法人という立場になった現在、おそらくテレビに出演していたとき同様忙しくしているんだと思います。

責任が重大な立場だと思いますが、できるかぎり頑張ってほしいですよね。

 

滝川クリステルが犬保護活動を開始!署名の方法は?

さきほどは滝川クリステルさんの現在についての話題をお届けしました。

現在は動物保護団体を立ち上げている、とのことでしたね。

それでは、その保護団体はどんな活動をしているのでしょうか?

ここでは、滝川クリステルさんの行っている犬保護活動や署名の方法といった話題をとりあげようと思います。

 

滝川クリステルさんの保護団体のことについて調べると、2020年の東京オリンピックで世界中から人々を招いて「おもてなし」をするにあたって、先進国と比べて動物の保護・福祉がはるかに遅れていることを問題視していることが判明しました。

たしかに、いまの日本の動物殺処分や虐待といった問題は他の先進国とくらべるとより一層深刻な問題です。

 

そのため、2014年の春に「人間と生きものたち、お互いの命が共存・共生し、調和する社会の実現」を目指し、この「一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル」を立ち上げたといいます。

 

この保護団体のサイトは、日本語と英語で文章が書かれていて、かなり国際的に活動していることが読み取れます。

最近では狩猟の際に鉛弾(ライフルや散弾)を使用することで鉛中毒で死んでしまう動物を減らすために鉛弾やカスミ網などを「使用禁止猟具」扱いにする規制を強化をしているようです。

署名は、サイト下部の「今すぐ賛同」からできます。

 

コメントでは、この活動を賞賛する声が多数寄せられているんですよ!

それにしても、日本国内だけでなく海外へ向けても発信できるってすごいですよね。

この活動が実を結び、2020年までに日本での動物保護が強化されるといいなと思います。

スポンサーリンク


 

滝川クリステルの保護活動!2020年に犬猫の殺処分ゼロを目指す

滝川クリステルさんの行っている動物保護活動についてお話ししました。

動物たちの将来のことをとても真剣に考えていることが分かりましたね。

実は滝川クリステルさんは、他にも犬猫の殺処分ゼロを目指すといった活動もしているんです!

 

滝川クリステルさんは以前報道センターでキャスターを務めていた際に、保健所からレスキューされた犬が飼い主と写っている写真を見つけ、シェルターの存在や保護活動について疑問を持ち始めたといいます。

それがすべてのきっかけであったという滝川クリステルさんは、犬猫の殺処分ゼロを目指すべく活動を始めました。

2014年のペットの殺処分件数は1年間で128,241頭だったそうで、滝川クリステルさんは多くの人が目に見えてなかったことを誰もが目にするニュースで伝えようと決意したようです。

 

この団体では、アニマル・ウェルフェアという「人間の管理下にある動物が基本的なニーズを満たして生きる環境を整える」という精神にのっとって、飼い主のいない犬猫を一時的に自宅で預かるボランティアの育成を行ったり、保護犬・保護猫の存在を知ってもらうために啓発活動もしているそうです。

 

当たり前かもしれませんが、かなり本格的に活動しているようです。

それだけ日本の動物保護・福祉に関して危機感を抱いているということでしょうか…

 

どうか、滝川クリステルさんの目標である「2020年までに犬猫の殺処分ゼロ」を達成できるといいですね!

もっと多くの人が滝川クリステルさんのこの団体の活動に興味を抱いてくれたらいいなと思います。

 

滝川クリステルの年収はいくら?

滝川クリステルさんの様々な情報をご紹介しています。

現在「Mr.サンデー」を降板してから動物保護団体を立ち上げていることが判明した滝川クリステルさんですが、ここで気になるのがお金の話題ですよね。

いやらしい話ですが、結構稼いでいるのでしょうか…?

 

ここでは、滝川クリステルさんの年収についてのお話をしようと思います。

 

滝川クリステルさんは2013年の「おもてなし」で新語・流行語大賞の年間大賞を受賞し、この時期から文化人としてのイメージが強くなりました。

たしかに、このスピーチでは「文化人」らしいすごく知的な印象を抱きましたよね。

また、こういった発言のほかにも先ほどの動物保護団体を立ち上げたことでイメージが更に向上しました。

現在の滝川クリステルさんは、すごく好感度が高いようですね。

 

なんと「おもてなし」スピーチ効果で、CMのギャラが一本80万だったところ8000万まで上がったというのだから驚きです。

かなり自身の価値を挙げたんですね!

そして気になる推定年収は、約14000万円だそうです。

1億?!

一般人からしたら考えられない額ですよ!

 

この推定年収は人気女子アナのなかでも10位以内には余裕でランクインしているんだとか。

女子アナってすごく経済的に裕福なイメージですが、1億以上ってその中でもかなり上位なのではないでしょうか?

これからも、保護活動を頑張ってどんどん知名度と価値を上げてほしいですね。

滝川クリステルさん、、応援しています!

 

滝川クリステルいとこ滝川英治の事故原因や事故現場は?現在(続報)の記事はこちら

滝川クリステルの若い頃や高校時代は?

続いてお届けするのは、滝川クリステルさんの若かりし頃・高校時代のエピソードです!

今やキャリアウーマンの代表格ともいえる滝川クリステルさんですが、若い頃はどんな女性だったのでしょう?

 

滝川クリステルさんは、フランス人の父と日本人の母の間にうまれました。

気になる高校時代ですが、滝川クリステルさんは東京都立青山高等学校を卒業しているようです。

都内でもかなりのトップレベルであり、石田純一さんや石田ゆり子さん、橋爪功さんや草刈正雄さんといった有名人を数多く輩出している学校ですね。

滝川さんは小学校の頃から続けていたテニスを高校でもやっていて、運動神経は抜群だったといいます。

 

大学は青山学院大学へ進学、その後フランス文学科を卒業し、2000年にフジテレビを受験するも不合格となって子会社の共同テレビに入社。

共同テレビでは記者として活動し、フジテレビアナウンス室での研修も経験したといいます。

 

こうして滝川クリステルさんの若い頃の経歴をみると、まさに「エリート」といったかんじですね~。

当時の滝川クリステルさんって、やっぱり美人だったのでしょうか…?

気になりますよね。

 

スポンサーリンク

滝川クリステル若い頃・子供時代がかわいい!

さきほど滝川クリステルさんの若い頃の経歴をお話ししました。

そして実は子供時代・若い頃の滝川クリステルさんの画像もあったので、実際に見てみました!

今も衰えない美貌を持っている滝川クリステルさんですが…

子供の頃もやっぱり可愛かったです!

6のときの画像や高校卒業アルバム、大学2年生のときに読者モデルといった過去の画像を見たのですが、まるでお人形さんのようでしたよ!

女子アナとなってからの滝川クリステルさんしか知らないので、すごく新鮮な印象でした!

昔から超美人でいかにも「ハーフ」といった顔立ちをしているんですよね~。

 

年齢を重ねてどんどん綺麗になっていくであろう滝川クリステルさん、これからも目が離せませんね!

滝川クリステルは結婚して子供がいる?結婚相手は小澤征悦って本当かの記事はこちら

滝川クリステルプロフィール

滝川クリステルさんのプロフィールです。

引用 https://gqjapan.jp

名前:滝川クリステル(たきがわ くりすてる)

生年月日:1977101

出身地:フランス

学歴:青山学院大学文学部仏文学科卒

血液型:AB型

身長:160cm

 

滝川クリステル若い頃!犬保護活動に現在は力を入れて年収はいくら?まとめ

今回は滝川クリステルさんに関する話題でした。

いかがでしたか?

フリーアナウンサーであった滝川クリステルさんは、現在動物保護団体を立ち上げているということでしたが、みなさんはどう思ったでしょうか?

そういった思考を持ち合わせていても実際に団体を立ち上げるというのは勇気のいることだと思います。

これからも頑張ってほしいですね。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク