北村晴男弁護士事務所の評判や年収!実力は断トツで行列だけじゃない?

スポンサーリンク

行列のできる法律相談所でお馴染みの北村晴男弁護士の事務所や評判は?

年収や実力がすごいって本当?

今回は、行列のできる法律相談所でお馴染みの北村晴男弁護士に関する様々なエピソードをお届けします。

北村晴男弁護士の事務所はどこか、評判や年収や実力はどれくらいなの?

スポンサーリンク


北村晴男の弁護士事務所はどこ?

今回は北村晴男弁護士に関する話題をお届けします。

「行列のできる法律相談所」で笑わらない弁護士としておなじみの北村晴男弁護士、つねにポーカーフェイスでなんだかお堅い印象ですが、弁護士としてとても良い成果を残しているんですよ。

そんな北村晴男弁護士は一体どこの事務所に所属しているのでしょうか?

 

気になって北村晴男弁護士のことを調べていると、ツイッターの所在地に「赤坂」と記載してありました。

つまり赤坂に事務所があるのでしょうか?

どうやら北村晴男弁護士の事務所は弁護士法人北村・加藤・佐野法律事務所という名前のようですが、これを掘り下げると…

やはり東京都港区赤坂にあるみたいです。

ちなみに北村晴男弁護士の事務所では法律相談が304800円で顧問料は月5万円。

この値段、そこまで有名な弁護士の間では高いわけではないみたいです。

やはりテレビで活躍する人気弁護士ですからもっと高額を払わなければいけないのかな?と思いましたが、予想以上にお手頃な価格でありがたいですね。

 

北村晴男の弁護士事務所の評判や実力は?

さきほどは北村晴男弁護士の事務所についてのお話をしました。

ここで気になるのがやはり北村晴男さんの弁護士事務所の評判や実力ですね。

今やお茶の間に浸透しつつある北村弁護士の存在ですが、事務所の実力派どういった評価がなされているのでしょう?

 

まず北村晴男弁護士が取り扱っているのは交通事故や保険、債権回収、医療過誤などです。

特に生命保険ではかなり高い評価を受けているみたいですね。

保険会社によって保険金を不払いにするところもあり、この場合弁護士が保険会社を相手に請求するという仕事になります。

過去には日本ハムの武田久選手の代理人をつとめた北村晴男弁護士、その後は大相撲八百長問題の弁護人も担当したりスポーツ界にも精通しているので信頼があるのでしょう。

北村晴男さんのポリシーは

「常に弱者救済の正義」

だといいます。

いざというときに頼りたくなる素敵なポリシーですね。

公平・公正であるかを多方面から検討して立場の強いものが権力を持って利用している場合には依頼者の立場にまわって戦っていくといいます。

こうした正義のヒーローのような真摯なポリシーでしっかり成果を残しているので、評判はかなり高いといえます。

以前亀田兄弟の次男・亀田大毅さんがWBC職員に監禁恐喝したと起訴し、亀田一家を国外追放処分にしたことに対する訴訟でも見事に訴訟内容を吟味して勝訴しています。

しっかり考えて着実に勝訴する手段をとる北村晴男弁護士、周囲からは信頼があるんですね。

スポンサーリンク

北村晴男弁護士の年収はやっぱりすごい?!

最後にお届けするのは北村弁護士の年収です。

弁護士の平均年収について調べると、なんとピンキリの世界であることが分かりました。

全体の25%の弁護士は年収が200万円というのだからおどろきです。

平均した数値をみると弁護士という職業は850万円の年収であることが判明しましたが、北村晴男弁護士はもうちょっと稼いでいるようです。

どうやら弁護士として20003000万円ほど稼ぎ、さらにタレントとしても20003000万円ほど稼いでいます。

すごいですね…

両方合わせると5000万円ですよ?!

意外と少ないという意見もありますが、個人的にはめちゃくちゃ稼いでいるな~と思いました。

これからもガッツリ稼いでほしいですね。

 

北村晴男プロフィール

北村晴男弁護士のプロフィールです。

 

引用 https://www.instagram.com

名前:北村晴男(きたむら はるお)

生年月日:1956310

出身地:長野県千曲市

血液型:AB

最終学歴:早稲田大学法学部

事務所:弁護士法人北村・加藤・佐野法律事務所

 

北村晴男弁護士事務所の評判や年収!実力は断トツで行列だけじゃない?まとめ

今回は北村晴男弁護士に関する話題でした。

いかがでしたか?

年収の数字にはビックリしましたね~。

法律の話題となると難しい単語が出てきますが、北村晴男弁護士のポリシーはそういった不安を払拭してくれる心強いものですね。

今後も「行列のできる法律相談所」に出演する機会が多いと思いますが、鋭い回答をしてくれることを期待しましょう。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク