小泉進次郎の母親は宮本佳代子!母親違うと幼少期に突然告白された?

スポンサーリンク

小泉進次郎さんについての話題をご紹介します!

小泉進次郎さんの母親ってどんな方なのでしょうか?

名前は宮本佳代子さんで、母親違うってどういうこと?

今回は小泉進次郎さんの母親が本当に宮本佳代子さんなのか、母親違うって一体どういうこと?といったお話をしていきます。

スポンサーリンク


小泉進次郎と孝太郎の母親違うって本当?

今回は小泉進次郎さんの母親についての話題です。

父親である小泉純一郎さんの立派な子育てのおかげで、今や政界では大スターとなっている小泉進次郎さんですが、母親はどんな人なのでしょうか?

小泉進次郎さんって、プライベートを明かさないイメージですし、兄・小泉孝太郎さんの話はSNSで出てきても、母親に関してはなかなか話題を耳にしません。

 

「母親違う」といわれているのですが、この真相が気になりますよね。

 

 

実は、小泉純一郎さんはお子さんたちが幼い頃に離婚していたそうです。

そのため、小泉進次郎さんには「育ての親」がいて、そこから「母親違う」といわれているようです。

育ての親と呼ばれていたのはなんと小泉純一郎さんの姉である道子さんでした。

兄・小泉孝太郎さんが高校2年生、進次郎さんが中学2年生のときに実の母でないと分かったそうですが、なんと小泉進次郎さんはそれでも道子さんを「本当の母親だ」とはっきり話していたそうです。

 

それでは、小泉孝太郎さん・小泉進次郎さんが幼い頃に小泉純一郎さんと離婚した実母はどんな女性だったのでしょうか?

 

小泉進次郎の母親・宮本佳代子について

さきほど、小泉進次郎さんは幼い頃に両親が離婚して、育ての親とともに生活してきたというお話をしました。

それでは、小泉進次郎さんと小泉孝太郎さんの実母は誰なのでしょうか?

 

小泉進次郎さんの実母について調べてみたところ、宮本佳代子さんという女性であることが分かりました。

1977年の大学在学中に小泉純一郎さんとお見合いして、その当日にプロポーズされたという宮本佳代子さん。

そのまま結婚となりましたが、なんと家庭事情が複雑で、小泉家の実権を握っていた姉たちに夫である小泉純一郎さんが逆らわなかったことで、宮本佳代子さんはとても肩身の狭い思いをしたそうです。

代々政治家一家の妻であるということは、かなり荷が重かったでしょうし、年上の夫その姉たちに囲まれてリラックスするときなどなかったのではないでしょうか。

 

それから間もなく、追い出されるように家を飛び出たという宮本佳代子さん。

かなり精神的に追い詰められていたことでしょう。

 

ちなみに、宮本佳代子さんはエスエス製薬の創始者である泰道照山さんの孫だったそうです。

泰道照山さんはお二人の結婚に猛反対したそうですが、こうなることを見越していたもかもしれませんね…

 

小泉進次郎の母親の宮本佳代子の現在は?[画像あり]

さきほど、小泉進次郎さんの実母である宮本佳代子さんについてお話ししました。

それでは、現在の宮本佳代子さんはどうなっているのでしょうか?

引用 http://www.ohsato.co.jp

実は、小泉純一郎さんとの離婚当時、宮本佳代子さんはお腹に第三子を宿していたそうです。

その後小泉孝太郎さんと小泉進次郎さんの親権は父である小泉純一郎さんが持ち、三男(佳長さんという名前のようです)の親権は母親である宮本佳代子さんが持つことになりました。

 

それからは、資格を取得したという宮本佳代子さん。

三井不動産関連の会社に勤めて、神奈川県鎌倉市に住んでいるようです。

三男である佳長さんのことは女手一つで育てたそうですよ。

 

こうして小泉進次郎さんの実母・宮本佳代子さんの人生を改めてみると、すごく大変だったけれど、凛々しく強い女性として生きているんだなぁと思います。

 

★他にもこんな記事が読まれています

小泉進次郎の結婚条件は美女で結婚している?結婚相手と噂の智子とはの記事はこちら

小泉進次郎に兄弟三男(弟)がいた!血液型が政治家向きで珍しい型?の記事はこちら

小泉進次郎は身長168cmで低い?小泉純一郎と孝太郎との身長差は?の記事はこちら

小泉進次郎は学歴低い&学歴ロンダリング?学歴詐称でおかしいと指摘かの記事はこちら

小泉進次郎の母親は宮本佳代子!母親違うと幼少期に突然告白された?まとめ

今回は小泉進次郎さんの母親についての話題でした。

いかがでしたか?

壮絶な離婚理由であったものの、現在は息子を無事育て上げたという宮本佳代子さん。

小泉進次郎さんの口からあまり母親について語られないのには、こんな理由があったんですね~。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

引用 https://ja.wikipedia

スポンサーリンク