夢屋まさるパンケーキ芸人の実家や慶応大学出身?子役時代がかわいい!

スポンサーリンク

パンケーキ芸人の夢屋まさるさんはどんな実家で育ったのでしょうか?

子役時代や先生役がイケメンって本当?

慶應出身の噂は?

今回はパンケーキネタでお馴染み夢屋まさるさんの話題です。

子役時代のことや先生役のこと、慶應出身?どんな実家なの?といった話題をおどけします。

スポンサーリンク


夢屋まさるの大学は慶應って本当?

今回お届けするのは夢屋まさるさんに関する話題です。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気を博している夢屋まさるさんですが、プライベートなことってあまり知られていないような気がしますね。

芸人らしからぬ「原宿系」のかわいらしいルックスと独特のネタで大ブレイクしている夢屋まさるさんですが、どんな学歴でどんな実家で育ったのでしょうか?

そこで、夢屋まさるさんのあれこれを詳しく調べてみました!

夢屋まさるさんについて知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

まずは、夢屋まさるさんの大学についてです。

夢屋まさるさんは199842日うまれの現在21歳で、年齢的に学生だと思うのですが…

どこの大学に通っているのでしょうか?

夢屋まさるさんの通っている大学を調べると、なんとあの有名な慶應義塾大学だということが判明しました。

いわゆるエリートじゃないですか!

すごいですね!

学部は経済学部で、慶應義塾大学公認のお笑い道場O-keisというお笑いサークルに所属しているそうです。

やはり学校でもお笑いの道をきわめているんですね!

夢屋まさるさんは勉強もしっかりしていて、サークルでもお笑いに取り組んでいてとても真面目な人なんだなぁという印象です。

 

また、漢字検定2級や英語検定準2級の資格も持っているというのだから驚きです。

これだけ頭がよくて真面目な夢屋まさるさんですが、大学以前の学歴や出身地も気になりませんか?

 

夢屋まさるの出身は福岡?小中学校・高校はどこ?

現在慶應義塾大学経済学に在学していてお笑いサークルにも所属しているという夢屋まさるさんですが、出身地はどこで小中学校や高校はどこに通っていたのでしょう?

小学生だったときの夢屋まさるさんってすごく可愛かったんでしょうね~。

 

出身地や大学以前の学歴について調べたのですが…

なんと小学校は御茶ノ水女子大学附属小学校を卒業しているんです!

ということはやはり出身地も東京か…?と思いましたが、なんと実は福岡県出身であることが判明しました。

「おしゃれイズム」に福岡県出身である今田美咲さんが出演した際に夢屋まさるさんが「今一番会いたい人」ということでゲストとして出演し、同じ福岡出身だとコメントしていたので間違いないみたいです。

現在はお台場の近くに住んでいるという夢屋まさるさんですが、小学校が都内ということはその前に福岡県から引っ越しをしているんでしょうね。

そして、中学校から高校は慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校に進学しています。

大学だけでなく小中高ともにエリートコースだったんですね!

普段テレビで「パンケーキ食べた!」と歌って踊っている姿からは想像できない経歴ですよ。

父親や母親が教育熱心だったのでしょうか?

色々想像しちゃいますね~。

 

スポンサーリンク


夢屋まさるの実家は金持ちって本当?

学歴を確認するとまさかのエリートであることが分かった夢屋まさるさんですが、実家がお金持ちというのは本当なのでしょうか?

どちらかというと実家が貧しい傾向にあるような気がするお笑い芸人というお仕事ですが…

実際のところが気になりますね。

 

夢屋まさるさんの実家が本当にお金持ちなの?という件について調べたところ、残念ながら実家がお金持ちだという確実な情報はありませんでした。

しかし、ずっと私立に通わせていることから貧乏ではないんじゃないか?と思います。

だって慶應義塾中等部は学費が最低でも150万円は必要らしいですよ。

都内でもトップクラスといわれていますし…

ある程度裕福な家庭でないと入学できませんよね。

大学も私立に通っているということはやはり、お金に余裕があるのでしょう。

 

また、夢屋まさるさんは趣味がピアノだというのですが、これもかなりお金もちっぽくないですか?

男性でピアノを演奏できるって素敵です。

これから先、夢屋まさるさんの実家の詳しい情報がテレビやネットで明らかになるといいですね!

 

夢屋まさるの父親と母親の職業は?

夢屋まさるさんの様々な話題をお届けしています。

大学や出身学校、出身地、実家のことについてお話ししましたが…

そんな裕福であろう実家のご両親のことが知りたいですね。

夢屋まさるさんの父親や母親はどんな職業なのでしょうか?

 

気になって夢屋まさるさんのご両親の職業について調べたのですが、やはり現在情報は少なく、どんな仕事をしているのかは分かりませんでした。

残念ですが仕方ないですね~。

しかし、夢屋まさるさんは自身のツイッターでお父さんに関することをつぶやいていました。

それによると、夢屋まさるさんがリビングに入ろうとしたらお父さんがネタを披露したというものでした。

面白いお父さんですね~。

現在も実家暮らしということなのでしょうか?

母親についてのツイートもありますよ!

お母さんは台湾土産を夢屋まさるさんにプレゼントしてくれたそうです。

画像がありましたが、可愛らしいお土産でした。

 

また、夢屋まさるさんのお父さんは2番目のお父さんだったという情報もありました。

お母さんが再婚したのかもしれません。

確証はありませんが、もしかすると福岡県から都内に引っ越してきたのもこの件と関係があるのかもしれませんね。

今後お母さんの再婚説についても詳しく明かされるといいなと思います。

 

夢屋まさるの子役時代!活動内容は?

さて、夢屋まさるさんは実は過去に子役として活動していたというのをご存知ですか?

今やパンケーキ芸人として名を馳せている夢屋まさるさんんですが、幼い頃に銀座でスカウトされて中学受験を決意するまで子役として活躍していたんです!

当時の画像は残されていませんが、夢屋まさるさんが自身のインスタに子役時代の画像を投稿されていましたよ!とても可愛らしいですね!

 引用 https://www.instagram.com

当時の活動内容としてはCMや雑誌に載ることだったらしいです。

ちなみに、子役時代のCMや雑誌の画像などを探したのですが現在はまだ出回っていないみたいです。

CMは「ネピア」「東北電力」などに出演、雑誌は「Dream Navu」に掲載されていたそうです。

 

スポンサーリンク

夢屋まさるは元先生?現在とキャラが違う?

人気芸人・夢屋まさるさんですが子役以外にも俳優として活動していたそうです。

以前AbemaTVの「勝負の夏」という番組に先生として出演していたんだとか。

夢屋まさるさんみたいなイケメンな先生、実際にいたら学校が楽しいでしょうね~。

 

この「勝負の夏」で先生役を演じた夢屋まさるさんですが普段の「原宿系」からは想像もできないくらいのイケメンだったと話題になっています。

この作品は受験を控えた高校3年生の女の子が、現役イケメン男子大学生の「先生」から勉強を教わって志望校合格を目指すというものでした。

「先生」役の夢屋まさるさんの画像を見たのですが、やっぱり普段とは違う男らしさを感じました。

夢屋まさるさんの真面目な一面がにじみ出ている良い役だったのかもしれませんね。

 

夢屋まさるモデル画像!鳥居みゆきの実弟でインスタ画像がイケメン?の記事はこちら

夢屋まさるパンケーキ食べたいネタが衝撃!

そして、夢屋まさるさんといえばやはりあの「パンケーキ食べたい」ネタについてもお話ししないといけませんね。

今や夢屋まさるさんの代名詞となった「パンケーキ食べたい」ですが、最初は結構驚きましたよね~。

芸人としては異例の原宿系のルックスで、きゃりーぱみゅぱみゅさんの曲に合わせてひたすら「パンケーキ食べたい!」と踊るというネタからはとてもエリート学生だとは想像できないですよ。

 

このネタは人気番組「ぐるナイ」の「おもしろ荘」という企画で披露されたネタなのですが元々は「おもしろ荘」のオーディションに向けて喫茶店でネタを考えていたときに店内で「期間限定パンケーキ」を見かけ、きゃりーぱみゅぱみゅさんの曲を聴きながら

「あーお腹すいたな」

「パンケーキ食べたいな…パンケーキ食べたい」

と思い続けてうまれたものなんだそうです。

 

この「パンケーキ食べたい!」というフレーズに合わせて「新宿は汚い!」「蒲田は地獄!」などと毒舌を吐く姿がクセになりますよね。

この夢屋まさるさんのネタは今後更にブレイクすることでしょう!

 

夢屋まさるプロフィール

最後に、夢屋まさるさんのプロフィールです。

引用 https://www.instagram.com

名前:夢屋まさる(ゆめや まさる)

生年月日:199842

出身地:福岡県

身長:175cm

体重:57kg

血液型:A

学歴:慶應義塾大学経済学部 在学中

所属事務所:サンミュージックプロダクション

 

夢屋まさるパンケーキ芸人の実家や慶応大学出身?子役時代がかわいい!まとめ

今回は夢屋まさるさんに関する話題をお届けしました。

いかがでしたか?

中性的な印象の夢屋まさるさんですが、学歴はかなりしっかりしているんですね~。

大学のサークルでもお笑いを楽しく続けてほしいなと思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク